アームカバーはおばさんっぽく感じていた

以前はアームカバーと日傘は使用していませんでした。面倒なのとアームカバーはおばさんっぽく感じていたので、日焼け止めクリームだけで日焼け対策をしていました。

しかし、日差しの強い日、新しく購入した日焼け止めをいつものように腕や手に塗って、子供と公園に出かけました。

その日は気温はそこまで高くはなかったのですが日差しの強さはジリジリと感じ、日焼け止めを塗ってきてよかったと感じていたのですが、時間が経つにつれて日焼け止めを塗った部分が痛痒くなり、夕方には日焼け止めを塗った部分だけが反応したように湿疹で真っ赤になっていました。

どうやら新しい日焼け止めが合わず、紫外線アレルギーを起こしたようで、2日間湿疹でかゆみと痛み、赤みが取れませんでした。

それからは、日焼け止めを塗るのが怖くなり、アームカバーと日傘を使用しています。日焼け止めクリームが合わなかったのは初めてですが、こんなにひどい症状が出るとはびっくりしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です